さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2009年05月31日

高速バスの乗客急減

ETC割引で、県内高速バスの乗客急減。長距離ほど影響 (5/30信濃毎日新聞)
 マイカーなどを対象にした高速道路料金の休日割引の影響で、高速バスの利用者が減少している。採算に苦しむ一般路線バスと比べ高速バスは各社の収益の柱となっているが、収益が大きい長距離路線ほど影響を受けており、県内では土、日曜の利用者が25%ほど減少した業者もある。全国では「このままでは一般路線バスの運行維持にも影響が出かねない」などとして、政府が検討中の割引拡大に反対する要望書を国土交通省などに提出した地方のバス協会もあり、日本バス協会も近く全国のバス業者を対象に影響の調査を始める。

「高速1,000円」で乗用車の通行量が大幅に増え、
各地の高速道路で激しい渋滞が発生しました。
おそらく、高速バスも大幅な遅延が生じたのではないでしょうか。
おまけに、稼ぎ頭の高速バスの乗客が大幅に減少したとあっては、
バス事業者にとっては、まさにダブルパンチですね。

筆者がゴールデンウイークに利用したバスも、
高速道路のバスではないのですが、
所要時間の予定がおよそ30分のところ、渋滞を避け迂回を繰り返し、
1時間半ほどを要して到着しました。

さすがにこれだけの影響があっては、バスが支払う高速料金にも割引を行い、
バス運賃を割り引いて乗客に還元できるような政策もあってよさそうに思います。
交通費の大幅な割引で、観光需要を誘発する目的は同じになると思えるのですが。  


Posted by 50番バス at 21:11Comments(0)交通関連ニュース

2009年05月31日

「ゆびとま」突然サービス停止

同窓会支援サイト:「ゆびとま」突然停止…会員350万人(5/31毎日.jp)
 卒業後疎遠になった友達とインターネットを通じて再会しようという同窓会支援サイト「この指とまれ!」(通称・ゆびとま)が5月初めに突然停止された。会員数は約350万人に上り、小学校から大学まで約6万校の出身者が利用しているとされているだけに「お互いの連絡がとれなくなった」と混乱が起きている。また、登録に際して入力された膨大な個人情報の行方を危惧(きぐ)する声もあがっている。

実は、朝ニュースをチェックしていて最初に飛び込んできたニュースがこれでした。
筆者は「ゆびとま」は利用していませんでしたが(会員登録はもとより、アクセスもしていません)、
利用していたネットサービスの停止をリアルタイムで見届けた直後であっただけに、驚きました。

ところが5月2日から、ホームページに「甚大なトラブルが発生した」と掲示され、すべてのサービスが突然全面停止になった。1カ月近くたっても復旧の時期は明らかにしていない。

Doblogも、障害発生後復旧の時期はなかなか明らかになりませんでした。
ゆびとまの場合は「甚大なトラブル」が何かも明らかにされていない上、
登録されている会員情報は個人を特定する内容であるだけに、
ユーザーは不安で仕方がないことでしょう。  


Posted by 50番バス at 10:45Comments(0)

2009年05月31日

東北新幹線 新型車両E5系搬入

新型の東北新幹線を搬入 国内最速の時速320キロ(5/30 47News共同通信)
 2010年12月の東北新幹線八戸-新青森間の開業後、国内最速の時速320キロで運転する新型の新幹線(E5系)1編成が完成。30日までにJR東日本の新幹線総合車両センター(宮城県利府町)に10両すべての搬入が終わった。

 新青森まで2010年12月開業となると、もうあと1年半ですね。
八戸までは既に乗っていますので、東北旅行の折には新青森までも乗ってみたいものです。
[500系のぞみ]よりも速い時速320kmでの走行も体験してみたいですし。
新函館、そして札幌への延伸も期待したいところです。
(ただし、その頃までには、さらに新型の車両や、JR北海道の車両も登場することでしょう。)

その一方で、羽田空港と三沢や青森空港を結ぶ航空便は縮小を余儀なくされることでしょう。
大阪府民の筆者からすると、大阪と東北地方を結ぶ航空便も現状より縮小されることになれば、
羽田空港で乗り継いで東北へ向かうのも使いにくくなるため、
東北新幹線の新青森開業によって、大阪から東北への旅行がかえって不便になりはしないかと危惧してしまいます。

[余談]もはや東北新幹線は200系以外はどの電車が何系なのやら…(苦笑)  


Posted by 50番バス at 10:09Comments(0)交通関連ニュース

2009年05月31日

あっけない今生のお別れ

5月31日になった瞬間、ラジオの時報とほぼ同時に、
Doblogの延長戦(もしくはロスタイム)を期待して、
Doblogのサイトにアクセスしてみましたが、
激重の日々の中、よく見たこの表示。
サーバーが見つかりません

最後にあの懐かしき(?)サーバーダウンかと思いきや、
数分後、[旧]ふなタイにアクセスして見ると、
404 Not Found

要求されたページがみつかりませんでした。
URLをお確かめの上、アクセスをお願い致します。

Doblog.com トップへ

ではそのポータルがあった所はと見て見ると、
Doblog終了のお知らせ
「Doblog」は2003年11月より、インターネット上で情報発信を行いながら人と人をつなぐコミュニティサイトとして運営してまいりましたが、2009年5月30日をもちましてサービスを終了することになりました。

2009年2月に発生いたしましたハードウエア障害に伴い長期間サービスが停止し、ご迷惑をおかけいたしました事、以前と同様のサービスの継続を心待ちにされてきた会員の皆様のご期待に沿うことができなかった事を深くお詫び申し上げます。

サービス開始より今日まで、Doblogを運営することができたのも、たくさんの記事を書いてくださった会員の皆様と、多くの読者の皆様のおかげです。
大変感謝しております。

長い間、誠にありがとうございました。

Doblog編集部(info@doblog.com)



の文章だけが…

公式のインターネット上からは、跡形もなく消えてしまいました。
しばらくはクロールで見られるかもしれませんが。
実にあっけないお別れとなってしまいました。

私はこのチャンネル北国tvで、ブログを書いていくことに決めましたので、
新天地で前進あるのみですが、
振り返る故郷が消えてしまったのは残念で、名残惜しいですね。  


Posted by 50番バス at 00:30Comments(2)Doblog

2009年05月30日

Doblog ついに最終日

筆者のブログのふるさと、Doblogが、ついにサービス最終日になりました。
ポータルの新着記事には、お別れのメッセージが並んでいます。

ところで、サービス終了後の跡地は、いったいどうなってしまうのでしょう?
鉄道ファンとして、鉄道の廃線あとを訪れている身としても、気になるところですね。


標津線・中標津駅跡です。  


Posted by 50番バス at 23:00Comments(0)Doblog

2009年05月26日

高速料金1,000円の影響か 呉・松山フェリー廃止

呉・松山フェリー:来月末で業務停止 “ETC特割”打撃か /愛媛(5/26毎日jp)
 広島県呉市の阿賀港と松山市の堀江港を結ぶ呉・松山フェリー(本社・呉市阿賀南7)は25日、近く中国運輸局に航路廃止届を提出し、6月30日限りで運航業務を停止すると発表した。06年の「しまなみ海道」(西瀬戸自動車道)の全線開通や燃料高騰に加え、景気対策として今春から高速道路に導入されたETC(自動料金収受システム)利用車の特別割引が決定的な打撃となったとみられる。

宇高連絡船:100年の歴史、存続の危機 ETC割引影響(4/19毎日jp)
 宇高連絡船として旧国鉄時代から約100年の歴史を誇る宇野(岡山県玉野市)-高松航路が、高速道路料金の割引により瀬戸大橋利用が増え、存続の危機にある。同区間を運航するフェリー3社のうち津国汽船(同市)は1日に撤退、他の2社も「歴史ある航路を残したいが、収支を見極めて」と先行きは不透明で、地元自治体は国へ支援を求めている。

 景気対策政策の目玉の一つのいわゆる「高速1,000円」の、負の側面が出てしまいました。
瀬戸大橋や「しまなみ海道」が開通することに関しては、
建設が決定した時からフェリー会社も対策を講じることはできますが、
今回の「高速1,000円」は景気対策として突如登場した政策で、
これではフェリー会社も急に対策を講じることはできません。

呉・松山フェリーのように航路が無くなってしまえば、
「高速1,000円」は土日祝日のみで、しかも2年間限定。
平日の利用と、2年後に高速道路料金が元に戻る可能性を踏まえた、
航路の維持と従業員の雇用の確保が求められる所です。  


Posted by 50番バス at 23:16Comments(0)

2009年05月20日

みやま柳川インターチェンジ開通

みやま柳川IC開通 「休日1000円」と相乗効果 地元、観光客増加に期待(3/30西日本新聞)

 みやま市瀬高町の九州自動車道「みやま柳川インターチェンジ(IC)」が29日開通した。みやま、柳川両市の関係者は地域経済の振興や、28日に始まった土日祝日の高速料金の新割引との相乗効果で、観光客増加に期待を寄せた。

このICは、九州自動車道の八女ICから7.2km、南関ICから9.4kmの位置にあります。
みやま市はもとより柳川方面からは、八女と南関の中間にICが出来たことで、
高速道路へのアクセスが良くなります。
船小屋からですと、八女と微妙な距離ですね。

地図を見ると、清水小学校の近くのようですね。
仮称瀬高ICとして発表された時は、既設の国道209号線に近い、
水上小学校の近くの瀬高バス停辺りかなと思っていたのですが、
もう少し南関(熊本)寄りでした。

さて、このみやま柳川IC開通にあわせて、接続道路の県道の整備も行われていますが、
福岡県の負担もかなりあったのではないでしょうか。。
ここは地域活性化インターチェンジでもあるので、
国の直轄事業の地元負担の問題は生じないとは思いますが。

[余談]ここの開通は、実は私はノーマークでした。今日配達されたJAFの会報で知った次第です(苦笑)。  


Posted by 50番バス at 22:31Comments(0)

2009年05月17日

Doblogからチャンネル北国tvに移行してみました

Doblogからチャンネル北国tvに記事を移行してみました。

まずはDoblogにログインして、記事と画像をダウンロードします。
記事をダウンロードすると、zipファイルができます。
ファイル名は、Doblogの番号がつきます。
(私の場合は、記事が8466.zip、画像が8466-1.zip)
適宜の場所に保存しておきましょう。
このzipファイルの中に、記事のテキストファイル、もしくは画像の画像ファイルが入っています。
ただし、次の「記事の読み込み」で、1,000,000byteまでしか一度に読み込めないので、
ダウンロードしたテキストファイルを分割して、おおむね10MB以内ずつに分けて保存し直します。
↑AUTHOR: 筆者名↑TITLE:~
となっている所で切れば良いでしょう。
また、チャンネル北国tvでは、記事のタイトルが30文字までなので、
タイトルが30文字以上の長い記事があれば、
↑TITLE:~の部分を泣く泣く(?)縮めます。

次にチャンネル北国tvにログインしますが、
あらかじめ「ブログ環境設定」で公開設定を「非公開」に設定しておくとよいでしょう。
次に、管理画面の「読み込み・書き出し」に入ります。
ブログ記事の読み込みの、MT形式ログファイルのところで、記事のテキストファイルを指定します。
読み込みが完了すれば、インポート処理完了のお知らせのメールが届きます。
エラーメッセージが出た場合は、MT形式のファイルを修正してやり直しです。
「xx番目の記事に~」とは出ますが、どんなエラーかは出ない(みたいな)ので、
どんなエラーなのか探すのが大変です(汗;)。
xx番目の記事が、膨大なテキストファイルのどこなのか探すのは、もっと大変です(滝汗;;)。
私の場合は、MT形式ではない旨のエラーメッセージが出ました。
読み込ませようとしたファイルが1,000,000byteを超えないようにして、
長い記事タイトルを縮めれば、読み込みはできました。
全てのファイルの読み込みが終われば、
念のため「記事一覧」の一括設定モードにして、状態を全て「下書き」にしておきます。
画像のある方は、それぞれの記事投稿画面で、
画像を挿入していくしかないでしょう。

作業が終われば、公開設定の非公開を「公開」に戻しておきましょう。

私の場合、いくつか移行できていない点がありました。
・Doblogで言う「ジャンル」は、「カテゴリー」に反映されていなかった。
・Doblogで、下書きのままになっていた記事は、投稿日付が入っていない。
・Doblogにコメントが複数(2件以上)あったのに、コメントが1件と表示されコメントがみんな入っていた。

と、ここまでやってみました。
あとは、随時エクスポートしてきた記事を、カテゴリー設定や画像の貼り付けなど再編集して、
下書きから「公開」に戻そうと思います。  


Posted by 50番バス at 09:35Comments(0)Doblog

2009年05月08日

電気で走るバスの実現へ向けて

EVバスで初の検討会 関係16団体(5/8MSN産経ニュース)
 バスのEV(電気自動車)化を検討する「かながわ次世代電気バス開発・普及検討会」の初会合が8日、神奈川県中央農業会館(横浜市中区)で開かれた。

 次世代の地球環境にやさしいクルマとして、電気自動車やハイブリッドカーがもてはやされていますが、
みんなで公共交通のバスに乗れば、もっと環境にやさしくなります。
電気バスは環境にやさしいこともメリットですが、
石油以外の方法で動力源を得ることもできるので、
燃料費の高騰のリスクを避けることもできると思われます。
一般路線バスならば、さほどの高速性能は必要ないので、
1日の運行に求められる航続距離の実現と
バスの乗客が乗降しやすいような位置に搭載できる大きさの充電池の開発が、
電気バス開発開発に向けての課題といえましょう。
(ただし、発車時の一定の高加速性能は必要になります。また、航続距離200kmは運用面でかなり妥当な性能でしょう。)

いつかきっと、次世代の電気バスが、行き先に系統番号[50]番を掲げて快走する雄姿を見たいものです。
(いや、何番でもいいです(苦笑)。)  


Posted by 50番バス at 23:44Comments(4)

2009年05月08日

Doblogサービス終了

「はじめまして」の項にも書きましたが、
筆者は以前はDoblogのサービスを利用してブログを書いていました。

しかしながら、2ヶ月以上(!)の長期にわたる障害のため、
豊洲から北の大地に飛び立つことに決め、
ここでブログを書くことにしました。

しかしながら、なんとここでDoblogサービスが終了とは。
西鉄バスのバスカード廃止よりも、
西鉄バス船小屋~大牟田線の廃止よりも唐突に思えました。
(↑何で比較の対象が西鉄バスやねん。)
それにしても、Doblogより先に、西鉄バス船小屋~大牟田線が廃止され、
九州新幹線船小屋駅開業よりも先にDoblogが廃止されるとはねぇ…

当面はここでブログを書いていきますが、
北の国にたどり着いたDoblogユーザーって、私のほかにいるのかなぁ?
北海道の記事のブログもあるんですけどねぇ…
  


Posted by 50番バス at 23:14Comments(0)Doblog