さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2008年02月15日

教えてなかったんかいな!

脱“ゆとり”で基礎基本重視 新学習指導要領案公表(2/15MSN産経ニュース)
 文部科学省は15日、30年ぶりに主要教科を中心に授業時数と指導内容を増加し、「ゆとり教育」を見直した新学習指導要領案を公表した。基礎・基本の習得を重視し、都道府県名(小学社会)、ひし形・台形の面積(小学算数)、イオン(中学理科)などを追加、復活させた。教科書改定を伴う完全実施は小学校で平成23年度、中学校で24年度からで、理数教科は来春から前倒しで実施される。道徳の教科化は見送られたが内容を充実させ、新教育基本法に対応し、公共の精神や伝統文化の尊重、体験活動なども盛り込まれた。
 
え!
都道府県って、小学校で教えてなかったの!?
円周率を「3」と教えていたことよりも衝撃的でした。
県庁所在地は、役所の県庁があるところとしてはさほど重要ではないかとは思いますが、
都道府県と県庁所在地、政令指定都市、主要産業都市の名称と、その位置くらいは、
基礎知識として習得させておくべきではなかったのか?
見直しは当然でしょう。  


Posted by 50番バス at 22:38Comments(0)社会ニュース