さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2009年03月29日

スカイマーク 那覇―石垣線に参入へ

那覇〜石垣スカイマークが参入 航空3社競争へ(3/26八重山毎日新聞)
新空港開港時に5往復10便、1万2000円以下の低料金に
 2013年3月の新石垣空港開港時に、低料金を売りに那覇〜羽田・福岡間などで路線を展開するスカイマーク(株)(西久保慎一社長)=東京都=が新規参入を予定していることが25日、分かった。那覇〜石垣間で5往復10便を予定しており、料金も普通料金で1万2000円以下に設定する見通し。石垣発着の那覇路線は同社の参入で3社の乗り入れとなり、便数が充実することになる。同日、説明を受けた大浜長照市長は「3社の参入で競争となり、サービスも良くなる。住民からも喜ばれると思う」と歓迎した。


那覇―石垣線 運航へ スカイマーク/2013年 片道1万2000円以下(3/26沖縄タイムス)
 【石垣】スカイマーク(東京)の西久保愼一社長は25日、石垣市役所に大浜長照市長を訪ね、新石垣空港が開港する2013年3月に、那覇―石垣線の定期運航を開始する計画を明らかにした。同社の離島路線は初めて。通常運賃で片道1万2000円以下に設定する予定で、西久保社長は「客をどんどん運び、八重山の皆さんの役に立ちたい」と述べた。

那覇―石垣線は、国内航空路線としては上位14位の乗客数があり、
羽田空港を発着しない路線では最も乗客の多い路線です。
現在の石垣空港は滑走路が1,500mしかなく、何かと制約の厳しい空港です。
建設中の新石垣空港の開港で、輸送力の増強が期待される中、
JALグループ・ANAグループに加えてスカイマークの参入で
サービス向上と運賃の低廉化も期待されるニュースです。

スカイマークはかつて、伊丹と福岡・札幌を結ぶ路線や、
羽田と関空・青森を結ぶ路線を、就航後短期間のうちに休廃止してしまいました。
石垣線は初めての離島路線で、生活路線としてのウエートも高く、
長期にわたって安定した運航が求められます。

また石垣空港は、台風接近時には数日にわたって欠航が続くこともあり、
その前後の機材繰りの対応(那覇発着便に限らず)や、
欠航で足止めとなった乗客を、運航再開後に速やかに運ぶことも求められます。

スカイマークにはマイレージサービスがなく、スカイマークカードに入ればポイントが貯まり、
特典航空券に引き換えできますが、
沖縄はマイレージ獲得に直結する電子マネー決済の利用率が高いと聞いたことがありますので、
スカイマークのポイントサービスが沖縄地区の乗客に受け入れられるかも気になります。

なんか危惧点ばかりになってしまいましたが、
八重山諸島は先日まで、筆者にとっても、「行きたくても行けなかった人 」でした。
八重山の方々に歓迎されながら、就航を目指し、飛び続けてほしい所です。

〈余談〉もしレキオス航空が就航にこぎつけていたら、那覇―石垣線はどうなっていたのでしょうか?  


Posted by 50番バス at 20:25Comments(0)

2009年03月29日

阪神なんば線 ついに開通!

阪神なんば線開通 三宮で初発式(3/20神戸新聞) 
 神戸・三宮と大阪・難波、奈良を乗り換えなしで結ぶ「阪神なんば線」(尼崎-大阪難波、約十キロ)が二十日、開通した。三宮、尼崎駅では一番電車の「初発式」があり、多くの鉄道ファンらが開通を祝った。終日、乗客らで混雑したほか、尼崎駅での車両の連結作業に時間がかかるなどし、若干の遅れも出た。

 待望すること久しかった阪神電車の新路線、「阪神なんば線」がついに開業しました。
実は筆者はまだ乗りに行っていません(苦笑)。
もちろん、いずれは必ず乗ります。

さて、ここが開業したからには、
大阪南部や関西空港・和歌山方面から、梅田・新大阪・京都方面が格段に便利になるはずの、
「なにわ筋線」を早急に具体化してほしいものですが。
  


Posted by 50番バス at 16:33Comments(0)

2009年03月15日

カーネル人形と同じタイプの眼鏡が、鯖江で見つかった!

カーネル 行方知らずの眼鏡、鯖江で発見 同タイプを寄贈へ (3/14福井新聞)
 阪神タイガースファンに投げ込まれた大阪・道頓堀川の川底から24年ぶりに引き上げられ、話題となっている「日本ケンタッキー・フライド・チキン」のカーネル・サンダース人形。同人形がかけていた眼鏡は鯖江市内のメーカー製で、まだ見つかっていないが、この眼鏡と同タイプの物が同メーカーに、一つだけ残っていることが13日までに分かった。同市と県眼鏡協会は日本ケンタッキーに、この眼鏡を寄贈することを伝えた。

大阪では大きなニュースになっているカーネル人形発見のニュース。
眼鏡はさすがに見つからないかと思っていたら、鯖江のメーカーに残っていたとは。
本当によく残っていたものです。
これで阪神タイガースの、交流戦優勝・セリーグ優勝・日本シリーズ優勝・アジアシリーズ優勝への展望が、
くっきりはっきり見えてきましたね。
(もっとも、今年はアジアシリーズが行われるのかしら?)

それにしても、あの人形の眼鏡って、人形と一緒に成型されていると思っていたのに、
本当の眼鏡を使ってかけていたんですね。  


Posted by 50番バス at 16:11Comments(0)

2009年03月15日

寝台特急〔はやぶさ〕〔富士〕ラストラン

JR熊本駅 1000人が別れ 「はやぶさ」ラストラン(3/14西日本新聞・熊本)
多くの鉄道ファンの温かい拍手と歓声を受けて5番ホームを出発する「はやぶさ」=13日午後3時57分、JR熊本駅 寝台特急「はやぶさ」(東京‐熊本)のラストランを迎えた13日、上り最終列車の始発駅となったJR熊本駅には1000人以上の鉄道ファンが集まり、九州最後の「ブルートレイン」との別れを惜しんだ。

「富士」夢をありがとう ファンが別れ(3/14大分合同新聞)
 東京と大分を結び、「ブルートレイン」の愛称で親しまれた寝台特急「富士」が十三日、最後の運行日を迎えた。JR大分駅であった発車式には、別れを惜しむ鉄道ファン約千二百人が詰めかけた。発車時刻を迎え、車両がゆっくりとホームを離れると、涙ぐみながら見送る人も多かった。
 
長い距離を、長大編成の客車を連ねて走るブルートレインは、
幼少の頃からの鉄道ファンの私にとっては、当時からもっとも憧れた列車でした。
結局、〔はやぶさ〕には一度も乗ることなく廃止されました。

〔富士〕は、他の列車と併結運転されるようになる前に、
1度だけ、大阪→大分間にだけ乗っています。
指定された寝台はかなり後ろの車両の上段で、大阪駅ホームの東京側で待っていましたが、
なんと編成の前半分には、乗客が誰もいる気配がありません(!)。
下段には既にどなたかがお休みになっていたので、
そぉぉぉぉぉっっと上段への梯子を出し、よじ登って寝台に入りました。
(あの梯子は予備知識がないと、絶対に分からないと思う。)
神戸を過ぎたあたりで眠りに落ちました。
そして、目が覚めたら既に日豊線を走っていました。
下関での機関車の交代が見られなかったでないの(苦笑)。

[余談]
富士山静岡空港の開港が、3月から6月に延期になったのに、
寝台特急の廃止は延期にならなかったんですね。  


Posted by 50番バス at 10:16Comments(0)

2009年03月15日

「ナッチャン」運航再開なるか

青函両岸への波の影響調査…「ナッチャン」試験運行 (3/13函館新聞)
 東日本フェリー(函館市港町3)が昨年10月末で運休した高速船の運航再開に向け、グループ会社の道南自動車フェリー(同)は12日、函館―青森間で高速船「ナッチャン」の試験運航を行い、沿岸への波の影響を調べた。

 実は筆者は昨年、今回試験運航された「ナッチャンRera」の姉妹船、「ナッチャンWorld」に乗船しています。
青函間を船で移動したのは、この時だけなのですが、
(初めて北海道を訪れた時には、既に青函トンネルが開業していました。)
何度も乗っている瀬戸内海航路のフェリーと比べても、そのスピードの速さに驚きました。
また船体に描かれたイラストがとてもかわいらしく、
フェリー乗り場では乗客の多くが、船体にカメラを向けていました。

ただその時には、沿岸漁業に影響がでるほどの引き波が発生しているとは、思いも寄りませんでした。
運航を休止したころから比べると、燃料費も大幅に下がっていることですし、
波の影響を最小限に抑えて、何とか運航を再開してほしい所です。  


Posted by 50番バス at 09:16Comments(0)

2009年03月14日

はじめまして

みなさま、はじめまして。
ニックネーム「50番バス」と申します。

2004年4月よりDoblogでブログ『ふなごやタイムス』を書いていましたが、
この度、関西空港より北の大地に飛び立ち、チャンネル北国tvに移転しました。
ブログタイトル、筆者ニックネームとも、Doblog時代と同一です。

こちらでも、Doblog時代同様、ニュースの拾い読みを中心に書いていこうと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。

なお、本日以前の記事は、Doblog時代に書いた記事をインポートしたものです。
  


Posted by 50番バス at 10:50Comments(5)