さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2010年01月30日

九州新幹線の新駅名決まる

九州新幹線の新駅名決まる 新鳥栖・新大牟田・新玉名(1/26asahi.com)
 来年3月に全線開業する九州新幹線・鹿児島ルートで、博多―新八代の八つの駅のうち、三つの新駅は「新鳥栖」「新大牟田」「新玉名」を正式名称とし、在来線と共用の船小屋駅は「筑後船小屋(ふなごや)」に改称することが26日、明らかになった。

いよいよ九州新幹線の博多―新八代間の開業まであと1年少しとなりました。
東北新幹線の八戸―新青森間開業と合わせて、高速鉄道への期待が高まります。
あとはどのような電車のダイヤが組まれるかが気になりますね。

筑後船小屋の駅名は、福岡県南部の旧国名である「筑後」に、船小屋温泉のある地元の要望に応えて「船小屋」を加えた。開業に合わせて、JR鹿児島線の船小屋駅を約600メートル南に移設する。

新駅は今の駅から600m南に移設となると、矢部川寄りになりますね。
今の船小屋駅に降りても、ここに新幹線の駅ができそうな感じが全くしなかったのも納得です。
国道209号線沿いにある西鉄の「船小屋」バス停からはやや遠くなり、
船小屋駅に隣接の瀬高駅や羽犬塚駅には在来線特急が来なくなると思われますので、
西鉄バスの久留米~船小屋線や、羽犬塚・瀬高駅に乗り入れている路線バスも、
新幹線接続路線として、筑後船小屋駅まで延長してほしい所ですね。
筑後船小屋駅の開業を待たずに(待てずに?)、2004年3月31日を最後に廃止された、
西鉄バスの船小屋~大牟田線が本当に惜しまれます。


[余談]
「船小屋」は、このブログ名称の由来の地ですが、九州新幹線開業記念に、
「ちくごふなごやタイムス」に名称変更しようかなぁ?  


Posted by 50番バス at 09:32Comments(0)

2010年01月23日

さよなら 西日本車体工業

西日本車体 8月解散へ バス製造 大口受注打ち切り響く(1/22西日本新聞)
 西日本鉄道(福岡市)子会社のバス車体メーカー、西日本車体工業(北九州市)は21日、8月31日付で会社を解散すると発表した。生産の大部分を占める日産ディーゼル工業(埼玉県上尾市)からの発注が8月で打ち切られるため、事業継続は困難と判断した。

 西日本車体工業の車体を架装したバスは、主に京都より西側の西日本で多くみられました。
筆者も西鉄バスや京阪神のバスでよく乗りました。
日産ディーゼルがバスの車体の架装を西工に集約することになってからは、
日産ディーゼル車を導入しているバス会社で広く見られるようになりました。
西工の生産の大部分を日産ディーゼル車向けが占めることになりましたが、
逆に他のシャーシーメーカーのバスにはほとんど使われなくなってしまいました。

しかし、日産ディーゼルと三菱ふそうとが事業の統合を目指すことになり、
車体は富山にある三菱ふそうの子会社で製造することになる模様で、
発注が大幅に減少する西工としては、事業の継続は非常に困難と判断したのでしょう。

西工はメーカー系列ではなく、ユーザー(バス会社)系列の企業であったことから、
業界の統廃合と不況による需要減の波をもろに受けてしまったと言えましょう。
あと十数年も経てば、西工が製造したバスはほとんど見られなくなってしまいます。
会社は消えても、バスの歴史はつながっていてほしいものです。



  


Posted by 50番バス at 09:44Comments(1)

2010年01月03日

新年おめでとうございます

みなさまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

今年もよろしくお願い申し上げます。  


Posted by 50番バス at 07:06Comments(0)